どうも!会社員のゆう(@yuukie127)です。

仮想通貨の市場拡大が止まりませんね。日本初の暗号通貨・モナーコイン(monacoin)も大暴騰!将来いくらまで伸びるんでしょうねー。

ということで、この記事では、モナーコイン(monacoin)の将来性・今後について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

モナーコイン(monacoin)とは?

モナーコイン(monacoin)は、日本で生まれた最初の暗号通貨です。「暗号通貨って面白くね?日本独自のモナーコイン作ってみたよ」っと興味本位ではじまってるんです。2ちゃんねるのノリです。

海外大手掲示板発祥のネタコイン『Dogecoin』に触発された2ちゃんねらが、「俺たちもネタコイン作ろうぜ!」と言い出したことが発端となっているようだ。横のつながりを持たない匿名の「名無しさん」たちが、単なる数学的興味とプログラミング実践のために始めた“祭り”にすぎないのだ。
引用元: 水面下で広まる『2ちゃんねる』発祥の仮想通貨『モナーコイン』|ガジェット通信

ネット住民が遊びで作ったネタコイン…かもしれませんが、僕はモナコインにかなりの可能性を感じています

モナコインのチャート

2014年1月1日に正式リリースをされたモナコインは1MONA=約3円で取引が始まり、乱高下して2017年1月時点では3円に戻っていました。

  • 2014年1月1日 1MONA=約3円
  • 2014年8月1日 1MONA=約99円
  • 2016年5月7日 1MONA=約0.1円

で、2017年に入ってからのモナコインの暴騰がすごいのです…

モナコインのチャート

2017年1月に3円だったモナコインは2017年10月に728円に達しました。なんと240倍!

10万円分のモナコイン買ってたら2400万円ですよ。2400万円。これぞ、仮想通貨ドリームですね!

おそらく2017年10月のモナコイン暴騰で日本に何人もの億万長者が誕生したでしょうね。確定申告と納税が凄まじいことになってそうです。

追記 2017/12/6
2017年12月に1MONA=2000円を超えました。年始に2.9円で買ってたら690倍。ありえないことが起こってます。でも、それが今の仮想通貨の世界。一旦調整(かなりの暴落)をしてから2018年からもっと楽しいことになりますよ。

追記 2018/01/17
仮想通貨・暴落で焦っている方へ伝えたいこと(ぼくの失敗談)

モナコインの今後・将来性

そもそも、2017年10月にどうして凄まじく暴騰したのか?

  • 秋葉原での広告プロジェクト
  • Bitflyerでの取引開始

などいろいろな理由を言われていますが、正直、どうしてここまで暴騰したのかぼくもわかりません(汗)

投機が入り仕手化したことは間違いはないんですけど…そもそも、モナコインって、そんなに価値あったっけ…?

イーサリアムやXEM、IOTAといった有名アルトコインは将来構想があり投資家を集めているのですが、モナーコインはネタコイン。モナコインがこれほどまで暴騰するとは、99%の人は全く予想していなかったと思います。

モナコインの将来性

ネタコインとはいえ、モナコインは使われている技術はしっかりしているし、なにしろ陰でモナ―コインを支えるコミュニティがすごい!

アルゴリズムLyra2RE(v2)
ブロックタイム90秒
ブロック報酬25 MONA
トータルコイン105,120,000

モナコイン自体に明確な構想はありませんが、逆にそれが自由で伸び伸びしてる印象があります。可能性無限大的な感じで、謎めいている感じが人気の秘密でしょうね。

で、もないコインの今後ですが…投機も入って相場は乱高下するけれど、ITスキルの高い2ちゃんねらがたくさん関わっているので…易々と消滅する仮想通貨ではないと考えています。

公式サイト:Monacoin project

モナコインの今後

1MONA=1000円を超えるのは当然の流れだと思います。

モナーコインは既に100倍、200倍に暴騰しましたが、今後実需が伴ってくるとさらに値を上げてくるんじゃないかと予想してます。

壮大な構想があって、事業性が見込めて、投資家を集めて…という仮想通貨ではありませんが、日本人にものすごく愛されているコインですからね。

今後もしモナコインに実需が伴ってくると1MONA=1000円どころの話ではなく、1MONA=3000円、5000円1MONA=1万円、1MONA=3万円を超える可能性も十分秘めていると考えてます。(あくまでも個人的見解です)

ただし、乱高下する点には注意が必要です!モナコイン公開当初、3円から100円まで暴騰し、約0.1円まで暴落。その後、700円以上に暴騰してきた経緯があります。

暴落と暴騰を繰り返しながら、上昇していくと思いますのでモナコインを購入するタイミング、損切するタイミングの見極めには注意しましょう!

<追記>2017年12月5日

1MONA=1000円を超えました。予想してたよりも早い。1000円を明確に超えたので一気に上昇する。

モナコインのチャート

<追記>2017年12月6日

1MONA=2200円を超えました。2017年1月に1MONA = 2.9円で15万円分買ってた方は1億1000万円以上になった計算です。凄すぎ!

モナコインのチャート

短期間で上昇しすぎたのでおそらく一旦調整が入ってから、再度上昇すると思います。あまりにも短期間で暴騰したので調整もかなりの値幅になりそうです。仮想通貨口座の開設には時間がかかるので、口座の準備と購入資金を準備しておきたいですね♪

<追記>2018年1月17日

度肝抜かれるような調整がありましたね!
暴騰後の調整を暴落と勘違いしてしまった僕の失敗談をまとめましたー。

1MONA=200~300円くらいまで暴落する可能性は覚悟しておいた方がいいかもしれません。それでも調整の範囲内です。

先ほど書きましたが、100円に暴騰してから1000分の1の0.1円に暴落し、その後24000倍暴騰したのがモナコインです。株の世界では90%下落は絶望的ですが、仮想通貨界隈では90%下落は珍しいことではありませんよ。

モナーコインの使い道

パソコンショップアーク、MonappyPayments、ヘルギービールの店サンタルヌーなどで使えるのですが、Monacoin決済ができるお店はまだほとんどありません。ビットコイン決済に比べると雲泥の差です。

まぁ2ちゃんねらが作ったネタコインですから、モナコイン決済を行える店舗はほとんどないのは当然のことだと思います。

ビットコイン決済が少しずつ普及していっているところをみると、近い将来モナコイン決済が増えてくる可能性は高いとみています。

実世界でモナコインが使われ始めたら、間違いなく今よりも何倍、何十倍もの価値になります。そういう思惑もあり、一部投資家がモナコインを買い始め大暴騰したのだと思いますよ。

モナーコインの取引所

モナーコインは日本の仮想通貨取引所で日本円⇔モナコインで直接換金することができます!

Zaif(ザイフ)だけだったのですが、日本初の暗号通貨なだけあって最大手のbitflyer(ビットフライヤー)でも取り扱いをはじめました。Coincheck(コインチェック)での取り扱いは現時点ではありませんが、近い将来取り扱いをはじめると予想してます。

モナコインを安く買う方法

今後、さらなる暴騰をする可能性を秘めたモナコインですが、最も安く買う方法はZaifという日本企業(テックビューロ社)が運営するZaif(ザイフ)という仮想通貨取引所です。

公式サイト:Zaif(ザイフ)

※口座開設には本人確認など1週間~2週間程度かかります。今買わなくても、仮想通貨に興味があれば先に準備しておくことをおススメします。

実体がよく分からない会社が運営している取引所では怖い…という方は、最大手のbitflyer(ビットフライヤー)でもよいかもしれません。Zaif(ザイフ)でモナコインを買って、bitflyer(ビットフライヤー)に送金しておくという手もありますよ。

ちなみに、ぼくはZaif(ザイフ)、bitflyer(ビットフライヤー)、Coincheck(コインチェック)、全部使ってます。

ぼくのモナコイン投資方針

確定申告の対策で一度、仮想通貨をすべて日本円に決済したので、記事公開時点では仮想通貨を保持してません。(マイニングを除く)

が、年末~2018年3月の間に、長期保有目的でがっつり購入する予定です。(総合課税に区分されるから、短期売買はしない予定)

仮想通貨投資はリスクが高すぎると言われますが…10倍、100倍暴騰する仮想通貨はやっぱり夢があります♪