どうも!仮想通貨にハマっている会社員のゆう(@yuukie127)です。

よく相談を受ける仮想通貨の確定申告注意点について、ぼく個人のしていることと考えをまとめたいと思います。

スポンサーリンク

仮想通貨の確定申告の注意点

国税庁から、仮想通貨に関する課税方法が発表されました。申告分離課税ではなく総合課税。つまり仮想通貨の売買益は雑所得として処理されるので、所得税・住民税の累進課税が適応されます。多い方で売買益の約55%が税金で消えます。

仮想通貨で1000万円設けた!という方だけでなく、20万円とか50万円設けた人もたくさんいますよね?確定申告なんてやり方分からないし、もうけた金額も大したことないから、申告しないでもいっか…と考えている方も多いのではないでしょうか?

結論からいうと、絶対、確定申告した方がいいです。確定申告しないで、バレなければいいという考えは危険ですよ。

確定申告しないとバレる理由

確定申告しなくてもバレない人もいますが、バレる人もいます。…なぜか?

税務署は、仮想通貨取引所、アフィリエイトのASP会社やオークション・フリマ運営会社へ問合せをするからです。アフィリエイト報酬や仮想通貨の売買益を把握し、個人情報と照合して申告漏れを見つけます。

特に、2017年は仮想通貨で莫大な利益を得た方が多いことは税務署も知っています。知らなくて申告していない人もいれば、バレないだろうと申告をしない人もいることも…!

だから、仮想通貨取引は重点税務調査対象となります。(個人的な推測ですがほぼ間違いなく。)

中には海外取引所やデスクトップウォレットに送金してしまえば、バレないと考えるのは甘い考えだと思います。ブロックチェーンをクロールし、個人単位でトラッキングできる仕組みも構築していると考えておくべきだと思います。

確定申告せずに、バレたら追徴課税

どうやって確定申告した方がいいか…説明する前に、そもそも確定申告しなかったらどうなるのか?知らない方も多いのでザックリとまとめますね。

確定申告していないことがバレたらどうなるのか?

はい、追徴課税です。

追徴課税は総称した言い方であって、厳密には「過少申告加算税」「無申告加算税」「不納付加算税」「重加算税」の4つに分けられます。
※不納付加算税は雇用している場合の源泉徴収税なので割愛します。

確定申告しない。バレたら追徴課税です

過少申告加算税

過少申告加算税とは、儲けを過少申告し本来納めなければならない税金が少なかった場合で別途に加算される税金のことです。追加税額のうち50万円以下の部分については10%、50万円以上の部分については15%がそれぞれ加算される。

無申告加算税

無申告加算税とは、期間中に儲けを申告を行わず、本来納めなければならない税金を納めなかった場合に加算される税金のことです。追加税額のうち50万円以下の部分については15%、50万円以上の部分については20%が加算されます。

重加算税

重加算税とは、過少申告・無申告があった中で、悪質だと判断された場合に加算される税金のことです。過少申告加算税の代わりに追加納付額の35%、無申告加算税の代わりに40%が加算されます。

追徴課税と延滞税

税務署から指摘を受けて追徴課税を払う場合は、追徴課税だけでなく延滞税が加算されます。(納期限から2ヶ月までは年率7.3%、2ヶ月以降は14.6%)税務署は3年くらいは泳がせてから税務調査を行うため、延滞税だけでもかなりの負担となります。

補足:
確定申告しない。を選択して行動したとしましょう。で、税務署から連絡がなければ万々歳!…というわけにはいきません。税務調査には労力がかかります。税務調査を行って、いくら税金がとれるのか?を重視するので、脱税している金額が小さい場合は2~3年泳がせます。時効になる直前に税務調査を行い、追徴課税と延滞金をがっぽりと徴収されます。

仮想通貨での儲けは、必ず確定申告しましょう

自分で確定申告をする

仮想通貨で稼いだお金が100万円以下であれば、自分で確定申告を頑張ったほうがよいと思います。

昔は自分で確定申告をするには、幅広い知識が必要で骨の折れる作業でしたが、最近は会計ソフトが充実してきたので、クラウドサービスを使えば専門知識がなくてもかんたんに作成できます

参考:全自動のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」
確定申告に必要な書類を半自動で作成できる無料から始めるクラウドサービスです

仮想通貨取引所から取引履歴を保存して毎月の利益をまとめつつ、家賃や光熱費、通信費などを案分して経費を入力するとよいと思います。(雑所得において経費は認められてますよ)

万が一、収入から経費を引いて所得が20万円以下になればラッキーです。税務調査が入っても、しっかりと回答できるように5年間は保管しておきましょう。

税理士に依頼する

税理士=高い、とイメージしがちですが意外と税理士報酬は安いです。仮想通貨で稼いだお金が100万円以上あるなら税理士さんを頼ったほうがよいと思います。結果的に、安上がりになりますから。

会計ソフトを使うとはいえ、自分で確定申告をするためには調べる労力がかかります。どこに、何を入力し、何を保管しておくほうがよいのか?いちいち調べないといけないですからね。

ところが、税理士さんに確定申告のお願いすると、確定申告をする前に勘定科目はあっているか、経費計上が適切かなどをチェックしてもらえるので間違った確定申告を回避できます。短時間で正確な申告書を作成することができるということですね。

また、仮想通貨売買益は雑所得に区分され総合課税ではありますが、経費は認められるので節税対策もできます。10万円、20万円の税理士報酬の方が安上がりになることも十分考えられます。少なくとも僕はそう。

税理士に依頼する最大のメリット

税理士に確定申告を依頼する最大のメリットってご存知でしょうか?

申告書に関与税理士の署名・捺印が入るので申告書の信頼度が一気に増すわけです。万が一、税務署から指摘を受ける際も関与税理士を通じて話すことになるので、より専門的な交渉をしてもらえる。

これが税理士に依頼する最大のメリットです。「税理士に頼むのって高いな~。自分でもできちゃうし。」と考えている方は一度、考え直した方がよいと思いますよー。

参考:税理士ドットコム
安く確定申告を代行してくれる税理士を無料で探せるサービスです

ぼくが確定申告でやっていること

ぼくは、freeeというクラウド会計ソフトを使って自分で確定申告をするところからはじめました。

仮想通貨に関する書籍、各種仮想通貨のミートアップの参加費用のほか、家賃や携帯電話やインターネットなどの通信費も経費に含めています。(家賃などは全額ではなく案分してます)

で、副業の収入もそこそこ増えてきたところで、弁護士ドットコムを利用して税理士さんを探しました。今はfreeeに自分で入力し、確定申告をする前に税理士さんのチェックを受け、関与税理士欄に署名・捺印をしてもらって税務署に提出しています。

まとめると…
確定申告は頑張れは自分でできます。でも、素人では節税対策も限界がありますし不安もあります。自身の所得にあわせて、会計ソフトや税理士へ依頼するなど考えた方がよい!ということです。

参考:
税理士ドットコム
安く確定申告を代行してくれる税理士を無料で探せるサービスです

全自動のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」
確定申告に必要な書類を半自動で作成できる無料から始めるクラウドサービスです