どうも!仮想通貨に投資中のゆう(@yuukie127)です。

2018年1月17日深夜からの暴落時に、狙っていたアルトコインを買い増ししました!

この経験を今後に活かすため…何をどう考えて、どうしたのか、今後ビットコインはどうなるのか…個人的な考え・行動をまとめます。自分用メモなのですが、もしよかったら参考にしてください。

スポンサーリンク

暴落時のぼくのトレード

暴落続いたので…買い増しチャンスだと思い始めた。

総悲観は買い!ですからね。

二番底を確認しにくると思いZaifに入金したものの、冷静になってみると下落時の出来高が少なかったので、もう一段下がる可能性もあるな~…と考えました。

買えなかったら、それはそれで仕方がない…という心構えで。おもいきっり下で指値の買い注文を置いておきました。19時頃。

2018/01/17 22:50
買い注文約定―(゚∀゚)――!!

運よく、底値近辺でがっつり買い増しできました♪

暴落時に指値をした理由

オーバーシュートするときは、ほんの僅かな時間だから、その僅かな時間でチャンスをものにしなければなりません。

  • いざ暴落すると躊躇してしまい、判断・決断が鈍る
  • 急落時は取引所のサーバーがダウンしやすい
  • アクセス集中で注文が通らなかったりする

といった、仮想通貨投資のリスクを回避するためです。買えなかったらそれはそれで仕方がない。というスタンスであれば、暴落時におもいっきり下で指値をしておくのは有効だと思います。

朝起きて、レートを確認すると、、、軒並み大幅反発!やった!!

ビットコインの大暴落は止まったのか?

多くのアルトコインを巻き込んだビットコインの大暴落ですが…これ本当に止まったのかな?という疑問があります。今の状況をまとめておきます。

日本だけでなく、アメリカ、韓国、EU…世界中でビットコインが反発しています。

日本人が買い戻しているだけじゃなくて、USドルの出来高が多い。

下落時を見てみると、、、出来高が一気に増加しているのがわかる。

暴落続きでさらに大きな暴落したので、これまで含み損に耐えていた方が、一斉に投げ売りをしたように見受けられます。たぶんこれが、大暴落時の最終局面にみられるセリング・クライマックス。

また、結構いいラインで反発しているので、1月18日0時過ぎの値が、当面の底値になるというのが僕の予想です。

今後の仮想通貨の動き予想

大暴落を味わった恐怖で、個人投資家が手が出せない状態になっているので、反発しては暴落を予感させる下げをして、反発して…と機関投資家がすこし時間をかけて買い集めていくと予想しています。

個人投資家は大暴落を経験すると、それがトラウマとなり、ちょっとした下落でもすぐ投げ売りするようになっているので…機関投資家はそういう心理をついてくると思ってます。

ぼくが気になっている点

今回のような大暴落の経験を次に活かすため、、、メモしておきます。

安く買いたい誰かが投機的な売り仕掛けした可能性

年末年始の薄商いを狙って大量の売り仕掛けしたら暴落を誘発しやすい中、年末年始で大暴騰して一回落ちるんじゃない? と投資家が注意している状況下で、

  • 韓国で規制報道
  • 中国でも規制・禁止報道
  • ドイツも規制を提言
  • インドネシアでも規制報道
  • ビットフライヤーの乖離対策発表

ですよ。

こんな偶然ありますか?

安く買いたい誰かが投機的な売り仕掛けをしたと考える方が、ぼくはしっくりきます。

なぜか毎年1月に最安値

ビットコインって2016年、2017年と2年連続で1月に暴落し最安値をつけています。2018年も暴落したのでこれで3年連続ですね!

毎年1月に暴落して、その後反発と下落を繰り返し、夏に向かって上昇する傾向がある模様。2018年も同じ動きをするか保証はありませんが、一度総悲観になっているので、、、まぁしばらくは緩やかに上昇していくんじゃないかな..?

ぼくはデイトレードや2~3ケ月のスイングトレードはしないので…このままガチホして、値上がりするのをのんびり待つ予定です。

以上。
ぼくの投資判断と今後の値動き予想まとめでした!

(これは僕の勝手な予想です。投資の判断は個々でお願いします)