どうも!31歳の平凡な会社員のゆう(@yuukie127)です。

毎月5万円は投資信託で積立てていく!っと決めているので、さっそく4月分買付けました。ひふみプラスに+3万円、たわらノーロード先進国株式に+2万円です。

たわらノーロード 先進国株式の割合を高めた

先進国株式にも必ず積立てることを決めてるのですが、今回はたわら先進国株式にしました。ぼくは、たわら先進国株式とニッセイ外国株式のどちらかで迷うことが多いのですが、みんなはどうなんだろうか。。

たわらノーロード 先進国株式の運用方針

「外国株式パッシブ・ファンド・マザーファンド」を通じて、主として海外の金融商品取引所に上場している株式に実質的に投資し、(円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし)に連動する投資成果をめざす。MSCIコクサイ・インデックスへの連動性を高めるため、有価証券先物取引等を活用する場合がある。原則として為替ヘッジは行わない。

ニッセイ外国株式インデックスファンドの運用方針

主として、「ニッセイ外国株式インデックスマザーファンド」を通じて、実質的に日本を除く世界主要先進国の株式に投資することにより、MSCI コクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果をめざす。マザーファンドの組入比率は、原則として高位を保つ。実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行わない。

両ファンド共に、マザーファンドの規模違いはあれど共通点が多いんですよね。

  • MSCIコクサイ・インデックスに連動するしたインデックスファンド
  • 信託報酬が安い(低コスト)
  • ノーロード(販売手数料無料)
  • 為替ヘッジなし

ただ目論見書をみると、投資対象の国・業種の組入の割合は違うんですよね。たとえば、ニッセイ外国株式の方がアメリカ株の割合が多くて、たわら先進国株式の方が分散してるとか。

トランプ相場の変動が怖いから、今回はとりあえずたわら先進国株式にしておきました。

しっかし、投資信託は牛歩みたいにゆっくりですね。ま、貯金してる感じだと思ってコツコツ頑張って積立ててきますよー。