どうも!ゆう(@yuukie127)です。

仮想通貨売買をはじめて最初にした失敗をぜひ紹介したい。ズバリ、安くビットコインを購入する方法です。

ビットコインの購入方法って調べても、採掘の話とか、ATMの話とか、ろくな情報が載っていないので安くビットコインを購入する方法を端的に解説したいと思います。

ビットコインを購入できる取引所はいくつかありますが、ここでは最大手のビットフライヤーで説明しますね。

結論、取引所でトレードする方が安い

ビットコインを購入するなら、販売所ではなく取引所で円(JPY)とビットコイン(BTC)をトレードするんです。コレ、ビットコインを安く買うための基本中の基本です。販売所で買うビットコインは割高です。これはビットフライヤーに限らずどこの会社でも同じです。

取引所と販売所の違い

販売所はビットフライヤーが保持しているビットコインを買う。取引所は一般人が持っているビットコインと交換してもらう。という感じです。
ビットフライヤーは営利企業なので当然、手数料分を上乗せされているので買う人にとっては割高になるってことです。FXでドル円を買うのと空港の交換所でドルを買う時のレートが違うのと原理は同じです。

取引所と販売所とどれくらい違うのか

同じ時間のビットコインの価格がいくら違うのか比べたいと思います。

販売所のビットコイン価格

ビットフライヤー販売所のビットコイン価格

1BTC=307,388円 のレートで買うことができます。30万円も出せないという方は0.1BTCで購入できるので安心してくださいね。表示されているのはレートですから。

取引所のビットコイン価格

ビットフライヤー取引所のビットコイン価格

1BTC=301,757円であれば確実に購入できます。販売所よりも安い!
ちなみにAskは売り手の売価、Bidは買い手の買価です。トレードなので売りたい人と買いたい人が合意できてば売買成立、つまりビットコインを買うことができます。

取引所だとどれくらい安いのか?

売買価格は常に変動するので価格差も変わりますが、おおよそ1.5%~2%くらい安く購入することができます。取引所を使うと売買手数料がかかりますが購入金額の0.01% ~ 0.15%なので、取引所で買う方が圧倒的にお得なんです。

まさか同じ会社の画面によって購入金額が違うなんて考えもしなかったです。FXの世界じゃ絶対ありえないので(汗)

取引所で買ったビットコインは何か違うのか?

取引所で買っても販売所で買っても1BTCは1BTCです。違いはありません。もちろん、ビットフライヤーで購入しようがコインチェックで購入しようが全く同じです。

購入したビットコインはどうするか?

ビットフライヤーの口座で管理し続けるのもよいですし、他のウォレットに移しても大丈夫です。ビットコインの価格が高騰したら売却して利確するのもいいですね。

ぼくは日本の取引所で扱っていないアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)を買うので、ビットフライヤーから海外取引所のウォレットにビットコインを送金してビットコインでアルトコインを買ってますよ。